狭小地の事例|アパート経営で土地活用ならシノケン

  • 資料請求

shinoken group

電話でのお問い合わせ:0120-54-1143 [10:00〜21:00(日・祝除く)]

土地活用事例

狭小地の活用事例

課題:親族より土地家屋を相続したものの、賃貸経営をするには狭く土地活用の方法を決めかねていた。

約30坪の土地に、8戸のアパートを建築。年間収益640万円を実現

建物情報

スペースを有効活用したリビングスペース

居室内のスペースを有効活用することで、コンパクトな間取りながらも、入居者様にとって快適な空間を実現。

敷地面を最大限いかした設計

30坪という狭小地ながらも、敷地面を最大限いかすことで、無理のない間取りで総戸数8戸のアパートを建設。

生活空間を明確化するロフトスペース

各居室にロフトスペースを設けることで、1Kの間取りながら、明確に生活空間を分けることが可能。

人気の高い温水洗浄便座も標準装備

入居者様に人気の高い温水洗浄便座も標準で装備。居室の設備は入居者様へのアンケート調査に基づき設置を行なっております。

土地活用事例
狭小地の活用事例
旗竿地(敷地延長)の活用事例
L字型の変形地の活用事例
全国主要都市での施工実績

狭小地・変形地での土地活用事例満載![資料請求はこちら]

アパート経営で土地活用をお考えの方はシノケンにお任せください。
活用が難しい土地でも、シノケンのアパート経営なら土地の潜在能力を最大限に引き出します。土地の資産価値を有効活用できるアパート経営は、おすすめの資産運用方法です。
シノケンなら『狭小地でも、変形地でも、自己資金が少なくても、アパート経営はできる!』

狭小地
旗竿地(敷地延長)
L字型の変形地
全国主要都市での施工実績

無料資料請求:土地活用での成功事例が満載!アパート経営がよく分かるDVD&パンフレットを無料プレゼント[お申し込みはこちら]

お電話でのお問い合わせ 0120-54-1143 10:00〜21:00(日・祝除く)

お問い合わせ