固定資産税の軽減(減税・節税)対策|シノケン

  • 資料請求

shinoken group

電話でのお問い合わせ:0120-54-1143 [10:00〜21:00(日・祝除く)]

狭小地・変形地での土地活用事例満載!資料請求

アパート経営で相続税対策・節税を実現

固定資産税対策

固定資産税の軽減(減税・節税)対策についてのページです。
不動産・土地にかかる固定資産税・都市計画税の税金額軽減例についてご説明いたします。

固定資産税と都市計画税の税額が
大幅に減って負担が軽くなります

毎年1月1日現在時点に土地や建物などの不動産を所有している場合、固定資産税と都市計画税を納める必要があります。相続税と違い、毎年課税されるものですので、早めに節税対策を取ることによって、抑える総納税額が大きく変わってきます。

固定資産税

土地や家屋などの不動産所有者に毎年課せられる税金です。
納税額は、原則として課税標準額に1.4%をかけて算出されますが、実際には地価の下落率や前年までの税負担状況に応じた評価額を調整の上、税額を計算する方式がとられています。
更地に賃貸住宅を建てた場合は、その税額が200m2まで1/6に軽減されます。

都市計画税

市街化区域の土地と建物に課せられる税金で、固定資産税とセットで課税されます。
こちらの納税額は課税標準額に上限0.3%をかけて算出されます。
こちらも賃貸住宅を建てることによる軽減措置があり、その税額が200m2までまでの敷地については1/3に、それを超える部分については2/3となります。

固定資産税と都市計画税の具体例

では、具体的にはどれくらい税額が軽減されるのでしょうか?
下の表を見てみましょう。

アパート経営で相続税対策・節税を実現
2015年の相続増税に備える
アパート経営の節税効果
固定資産税対策
土地活用方法の比較

狭小地・変形地での土地活用事例満載![資料請求はこちら]

固定資産税について。 アパート経営で土地活用をお考えの方はシノケンにお任せください。
活用が難しい土地でも、シノケンのアパート経営なら土地の潜在能力を最大限に引き出します。土地の資産価値を有効活用できるアパート経営は、おすすめの資産運用方法です。
シノケンなら『狭小地でも、変形地でも、自己資金が少なくても、アパート経営はできる!』